トップに戻る時は、ロゴをクリック



Award history
アゥォードヒストリー


2005年 ●Awardの構想が、倉田氏の発案により生まれる。

●茅渟関西連合、神戸七防黒鯛人、丸高チヌ倶楽部、BAAの関係者が集まり協議が始まる。

●当初大会名も、決まっておらず大会名を決めるにあたり、この大会の趣旨に合うネーミングが求められ、永野氏の提案により、「Award」のネーミングが決定する。

●2006年より、上記4団体の主催する大会の優勝者によって開催されることが決まる。

●関西の大会だけだったので、正式大会名は、「関西チヌ落とし込みAward」と決まる。


2006年 ●2006年11月19日関電の波止にて、第1回Awardが開催される。

2007年 ●2007年11月11日尼崎フェニックスにて、第2回Awardが開催される。

2008年 ●2008年11月9日南港新波止にて、第3回Awardが開催される。

2009年 ●チヌの魚信を楽しむ会、伊勢湾クロダイ釣り連盟、日本海クロダイ釣り連盟、徳島黒鯛神主催大会も選考大会となる。これにより、関西以外の選考大会が決まったことにより、大会正式名より「関西」が取れ「チヌ落とし込みAward」となる。

●2009年の選考、10大会になる。

10月25日尼崎フェニックスにて、第4回Awardが開催される。
今年は、大会終了後、武氏の提案による表彰式・親睦会が公民館にて行われました。


2010年 ●7月24日に開催される、潮友会 設立20周年謝恩大会が、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果、2010年の選考大会に決まる。

●2010年の選考、10大会になりました。

●10月24日神戸第5防波堤にて、第5回Award2010が開催される。
昨年同様、大会終了後貸し会館にて、表彰式・親睦会が行われる。


2011年 ●東京黒友会主催の黒鯛落とし込みクラブ対抗選手権大会(個人の部)が、Award選考大会に決まる。

●例年Award開催日は、最後の選考大会終了後に発表しておりましたが、参加者及び選考大会が増えたことにより参加者が、Awardに出場するにあたり仕事の関係などで、やむなく参加できない事態を軽減するために、開催日を早めに決めることにより、予定が立てやすくなるだろうという考えより、2011年より、早めに開催日を発表することに決まる。開催地については、例年通り、最後の選考大会終了後の発表。

●7月10日開催の、第16回チヌの魚信を楽しむ会・北陸大会は、今年に限りAward選考を兼ねない事になりました。
大会エリアの縮小などの問題などが有り、落とし込み釣りが出来にくい状況になり、2011年の北陸でのAward選考大会は無しということになる。

●2011年の選考、9大会になりました。

●10月23日尼崎フェニックスにて、第6回Award2011が開催される。初めて東京からの参加者があった。
大会終了後近くの公民館にて、表彰式・親睦会が行われる。


2012年 ●黒鯛神主催のALL黒鯛神大阪大会が、Award選考大会に決まる。

●第17回 チヌの魚信を楽しむ会・北陸大会は、急遽エリアの関係上、Award選考を兼ねるのが困難になり、Award選考より外れる。

●2012年の選考、9大会になる。

●10月28日に、第7回Award2012開催の予定でしたが、天候不順のため中止となる。このため、Award2012は来年開催のAward2013と、同時開催が決まる。


2013年 ●6月2日に開催される、第9回 大阪湾チヌ前打ち釣り大会 2013と、6月23日に開催される、第6回中京地区クロダイ前打ち大会が、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果、2013年の選考大会に決まる。

●7月20日に開催される、東京湾黒鯛落とし込みバトルが、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果、2013年の選考大会に決まる。東京湾で開催される大会では、初の参加となる。


●2013年の選考、13大会になる。

●10月20日に、尼崎フェニックスにて、第7回Award2012、第8回Award2013が同時開催される。
大会終了後、兵庫県立総合体育館にて表彰式・親睦会が行われる。


2014年 ●7月13日に開催される、IKRクラブ対抗戦個人の部が、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果、2014年の選考大会に決まる。

●2014年の選考、13大会になる。

●10月19日に、大阪北港関電の波止にて第9回Award2014が開催される。
大会終了後近くの公民館にて表彰式・親睦会が行われる。

●Award選考大会の数も増え、参加地域も広範囲になってきた為、開催日開催地について実行委員会で協議が行われた結果、2015年より、開催日は、10月の第3日曜に固定し、開催地については8月1日に発表することに決まる。


2015年 ●東北落とし込み復興記念大会が、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果、Award選考大会に決まる。

●夢フィッシング大阪湾チヌ釣りを盛り上げる大会が、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果、Award選考大会に決まる。

●2015年の選考、15大会になる。

●10月18日に、大阪南港 セル石、宇部波止にて第10回Award2015が開催される。
大会終了後、堺市漁業協同組合事務所にて表彰式・親睦会が行われる。


2016年 ●実行委員会で協議の結果、2016年よりAward選考大会は、オープン大会に限ると規約を一部変更しました。

野島杯 黒鯛釣り大会が、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果、Award選考大会に決まる。


ラブメイタ杯 博多湾チヌ釣り大会大会が、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果、Award選考大会に決まる。

広AMAカップ争奪落とし込み大会が、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果Award選考大会に決まる。

IKR落とし込みオープン大会が、Award選考大会にとの依頼があり、実行委員会で協議の結果Award選考大会に決まる。


●2016年の選考、16大会になる。

●10月16日に、大阪北港にて第11回Award2016が開催される。
大会終了後、近くの公民館にて表彰式・親睦会が行われる。

●新しい選出方法として、地元枠の導入の協議が行われ、2017年より導入が決定する。
 地元枠のネーミングを決めるにあたり、仙台の手嶋氏の提案による「GMT」が採用される。
 GMTは、じもとの頭文字より考えられました。


2017年 ●例年10月に開催していました、南港チヌ釣り大会は2017年からAward選考大会より外れました。

●四国落とし込み選手権大会、諸事情により中止となる。

●2017年の選考、14大会になる。